CAPABILITY

できること

採用ブランディング

EMPLOYMENT BRANDING

採用ブランディングとは?企業・組織の戦略上の重要性を解説

採用ブランディングとは?意味・定義

採用ブランディングとは、優秀な人材を採用するために、特にスコープ対象を採用戦略上のペルソナに絞って行うブランディング活動のことです。

自社の商品やサービスを対象とするブランディングであれば、想定するべきペルソナ(=仮想の対象ユーザー)は購買・利用ユーザーです。これに対し、採用ブランディングにおいて想定するべきペルソナは、「採用市場で自社がターゲットにしたい人」となります。

採用ブランディングとは「いい会社アピール」ではない

採用ブランディングというと、まるで映画のプロモーションサイトのような採用サイトを制作したり、見栄えの良いパンフレットを作成したりといったイメージがあるかもしれません。しかしこれは採用ブランディング施策の一部でしかなく、多くの場合は表面的な要素をなぞるだけで失敗に終わります。

採用ブランディングの正しい目的・目標は、自社で働くとはどういうことなのか、社員はどのような目的意識を持って働いているのかといったアイデンティティを伝えることにあります。

その点、例えば「見栄えの良い採用サイト」や「綺麗なパンフレットの制作」が効果を発揮するのは、採用ブランディングの方向性に合致しているときだけです。伝えるべきアイデンティティを踏まえていないのであれば、どんなに見た目が良くても無意味な施策になります。

「企業の中にいる一人ひとりが採用ブランディングの軸となる」とお伝えしましたが、実際に働く人が感じている企業の魅力や実態と乖離するようなブランディングは効果につながりませんし、そもそもそんなブランディングは不可能です。会社をより良く見せるのではなく、実態の中にある魅力、そしてこれから改善していくべき部分などを含めて見せていくことが重要です。

なぜ採用ブランディングが重要なのか?

「あえてブランディングしなくても、現状ではある程度採用が上手くいっている」という企業であれば、採用ブランディングの必要性をあまり感じないかもしれませんが、今後の採用市場のトレンドを考えると、採用ブランディングの重要性は日に日に高まっています。

人材獲得競争が激化する中で、企業は「選ばれる」立場になっている

少子高齢化に伴い労働人口が不足している日本において、人手不足は非常に深刻な問題です。ただでさえ人材を獲得するのが難しい状況の中、優秀な人材を採用するのは至難の業といえるでしょう。

また売り手市場という言葉もある通り、もはや企業が求職者を選ぶ立場ではなくなっています。企業は求職者から選ばれる立場にあることを理解し、選ばれるための工夫、つまり求職者にとって魅力的な採用ブランドの確立に取り組まなければならないのです。

入社前の認知形成によって離職率を下げられる

せっかく入社してくれたにも関わらず、入社後にギャップを感じて退職する人は決して少なくありません。人材の定着率を高めるには、このギャップを解消することが重要です。そのためには、応募段階から求職者に企業の正しいイメージを形成してもらう必要があります。

採用ブランディングによって入社前に正しく認知形成ができれば、企業と人材のミスマッチを抑えられます。自社のありのままの姿をアピールすることで、求職者との間に信頼関係を築きましょう。

採用ブランディングの実践

最後に、採用ブランディングに実際に取り組んでいくにあたって重要な視点をご紹介します。

採用ブランディングで最も重要なこと

採用ブランディングを成功させるコツは、本質を見失わないことです。先ほども例に挙げた通り、見栄えのいいサイトやパンフレット作りそのものが目的になってしまうのは典型的なアンチパターン。表面的なものに惑わされるのではなく、自社としてどのようなメッセージを発信し、何を魅力として感じてもらいたいのかなどの軸を明確にましょう。

採用ブランディングでは、主に下図でいうところの「広報」「採用」のプロセスをデザインすることになります。応募者からの認知を獲得するための広報活動はもちろん、面接などの採用プロセスも含め、一貫したメッセージを伝え続けることが重要です。

採用ブランディングで最も重要なこと

採用ブランディングは内側から始まる

商品やサービスのブランディングであれば、顧客の求める価値を想定し、そこから逆算してブランドイメージを練ることもありえるでしょう。しかし採用ブランディングにおいては、欲しい人材からブランドイメージを決めてはいけません。なぜなら、作り上げた採用ブランドイメージが自社のアイデンティティと離れていればいるほど、採用した社員が感じるギャップは大きくなってしまうからです。

採用ブランディングを始めるにあたっては、まず自社のアイデンティティを確立するために社員が抱いている自社へのイメージを洗い出し、企業としてのビジョンや魅力を一つひとつ整理する必要があります。採用ブランドのイメージを固めるのはその後にやるべきことであり、広報活動や採用プロセス設計を先行させてはいけません。

採用ブランディングは今後さらに重要なものとなる

一般論として、人手不足が進む日本において、優秀な人材を確保するのはさらに難しくなります。なんとか採用に至ったとしても、定着せずすぐに退職となっては採用コストがかかるばかりで人材を確保できません。

企業の成長に必要な人材を集めるためには、企業全体の在り方を見直し、自社の魅力を伝えるべく採用ブランディングを実践していく必要があります。良い面をアピールするのも大事なことではありますが、入社後にギャップを感じさせないためにも正しい認知を広めていきましょう。

デザイン思考

あなたの場所を
もっと楽しく。

YOUR PLACE, MORE FUN.

戦略を作るだけではなく、DONGURIの専門家がチームを組み、ハンズオンで事業や組織をもっと楽しい場所にします。お悩みの課題について、ぜひお話しください。