Loading...

SOUND OFF

CREATIVE

クリエイティヴ開発

Using a designer's mind.

SERVICE

企業ロゴについて

企業の信頼性はロゴで決まります。
お客様や従業員様、お取引先にも信頼されるロゴをおつくりいたします。

All the potentials inside an acorn.

新しく御社の事を興味を持たれた方が、まずされるのはWEBサイトを検索して探す事。そして次に見るのが、ロゴです。

求人への応募をご検討されている方も、御社のサービスを購入しようか検討中の方も、このあたりの導線は変わりません。一番最初に御社の印象を決めるのはロゴといえます。では信頼されるロゴをおつくりするには、どの様な点に配慮すれば良いのかという事ですが、主には下記に気を付けていく事となります。

1つ目は、形状の美しさ。これは最低限気を付けるべきこととなりますが、ロゴマークやタイポグラフィの輪郭、形状、文字間など、そうした美しさがルールに沿ったものでないと、見た目として信頼されません。

2つ目は、ビジョンが言語で説明出来る事。こちらはロゴのモチーフ等を、御社の経営ビジョンを基にしたものにする事により、ロゴをストーリー性をもってご説明できるようにすることが大切です。ロゴはあらゆるシーンにおいいて、「何故このロゴにしたのか」と理由を聞かれることとなります。そうした際に、社員様や関係者様が、明確なご説明ができるように配慮しておくことが必要です。

3つ目は、御社の従業員様やお客様に好まれるイメージである事。従業員様に嫌われてしまったり、お客様に好まれないイメージであった場合、ビジネス面において支障を産むこととなります。こちらも配慮するべきことと考えられます。

4つ目は、業種やサービス面を意識したものである事。例えばエネルギー系の業種は赤色、保険や金融機関、公共的施設のロゴの色は水色や緑色など。業種やサービスによって、色や形状においても、一般的に配慮すべきルールがあります。これを守っていく事により、ロゴを見た方から誤解を産むようなイメージを形成してしまう事を防ぐことに繋がります。

5つ目は、使用する媒体を考慮する事。ロゴは名刺、封筒、パンフレット、WEBサイト、オフィスサイン、店舗など、多くの媒体へ出力して使用する事になるツールです。そうした際に、出力する先の媒体を検証する事で、各媒体にて使いやすく見えやすいユーザービリティにも配慮していく必要性がでてまいります。

以上の事を配慮しながら、DONGURIではロゴをおつくりしてまいります。まずは御社の経営理念をお伺いする事から、はじめさせてください。

SCENE

制作物の活用対象となるシーン

企業ロゴには、下記のようなユーザーに対し、ケースごとの効能が期待されます。
DONGURIがお客様のビジネス状況に合わせて、適切なシナリオと企画をご提案させて頂きます。

  • 個人対面営業

    個人のお客様に対して、対面営業を行い、興味喚起、および自社の理解を醸成させるシーン。

  • 法人対面営業

    法人のお客様に対して、対面営業を行い、興味喚起、および自社の理解を醸成させるシーン。

  • WEB集客

    新規のお客様に対して、WEB上で問い合わせを起こすために、興味喚起、および自社の魅力を伝えるシーン。

  • ダイレクトメール送付

    新規のお客様、ないしは既存のお客様に対し、問い合わせを起こすために資料送付を行い、興味喚起、および自社の魅力を伝えるシーン。

  • 問い合わせ対応送付

    新規のお客様から、問い合わせが起きた場合に資料送付し、さらに購入意欲を向上させるシーン。

  • プレスリリース

    メディアに、プレスリリースを送ってメディア掲載を獲得するために、興味喚起、および自社の理解を醸成させるシーン。

  • 店頭配布

    不特定多数のユーザーに対して、店頭で自主的に資料獲得できるように設置を行い、興味喚起、および自社の理解を醸成させるシーン。

  • イベントプレゼン用

    イベント参加者に対して、イベント上において伝えるべき内容について、興味喚起、および自社の理解を醸成させるシーン。

  • 投資家向け説明会

    投資家に対して、説明会においてプレゼンを行ってより投資意欲を喚起させるために、興味喚起、および自社の理解を醸成させるシーン。

  • 採用説明会

    採用応募者に対して、説明会において自社においてのプレゼンを行い、応募意欲の喚起、および自社の理解を醸成させるシーン。

  • 採用面談

    採用応募者に対して、面談において自社においてのプレゼンを行い、応募意欲の喚起、および自社の理解を醸成させるシーン。

  • 社内説明用

    社員に対して、社内説明会等の場において、自社の理解を醸成させるシーン。

  • 社員導線設計

    社員に対して、行動の方向性を示して導線を整備する為に、自社の理解を醸成させるシーン。

  • 商品購入可能媒体

    個人のお客様に対して、WEB上で商品を直接購入すること促すために、購入動機を醸成させ、アクションを促すシーン。

  • CtoC媒体

    個人と個人のお客様が、直接WEB上でやり取りを行い、コミュニケーションを活発にさせるために、アクションを促すシーン。

シーンからサービスをお探しになる場合はこちらをご覧ください。

PLAN

ソリューションプラン

DONGURIがお客様のビジネス課題をヒアリングし、ご予算/納期内で最も効果が期待される企画を、ご提案させて頂きます。

費用・納期

Cost / Delivery

制作物 想定納期 金額
企業ロゴ(簡易) 正式ご依頼より、1ヶ月〜 30万〜
企業ロゴ(中規模) 正式ご依頼より、3ヶ月〜 80万〜
企業ロゴ(大規模) 正式ご依頼より、6カ月〜 300万〜

上記は一例です。詳細により内容は変化致しますので、お問い合わせ下さい。

プロセスについてはサービスフローをご覧ください。

ABOUT US

アートディレクションカンパニー DONGURIとは

「私達はデザイン思考で、御社の課題を解決します。」

We solve your problems with a designer's mind.

私達DONGURIは、お客様の経営課題をデザイン思考で解決するデザインコンサルティングファームです。私達DONGURIはマーケティングに関わるコンサルティングを業務としており、特に<事業設計→商品開発→製造ライン確保→プロモーション/ブランド設計→クリエイティヴ開発>のワンストップコンサルティングを行っております。
同時に業界でも高い評価を受けている、一流のクリエイターが具体的なアウトプットの制作まで手掛けてまいります。コンサルティング〜クリエイティヴ開発を通して、デザイン思考を活かしたプロジェクト運用を行える点から、戦略と創造性のバランスが高く、優れた成果を上げる事が可能です。

CONTACT

コンタクト

世界にデザイン思考の種を蒔く

Giving the world a design.

世界に存在する課題は、デザイン思考を用いる事で解決できると私達は考えます。
調査分析、商品開発、ブランド開発、理念開発、プロモーションまで。
私達はユーザーが美しい未来へ到達する種を蒔く、デザインコンサルティングファームです。

OTHER SERVICE

その他のサービス

  • 01コンサルティング
  • 02クリエイティヴ開発
  • 03セミナー・ワークショップ